「急にまとまったお金が必要になったから、すぐに融資してもらえるカードローンを探している」「カードローンで即日融資を受けたいけど、どうすればいいの?」「数あるカードローン会社からどこを選べばいいの?」など、カードローンの即日融資について悩んでいる人はいませんか?
今回は即日融資してくれるカードローン会社や、即日融資を受けるための方法、またカードローン会社の特徴について紹介したいと思います。即日融資の申し込みを考えている方や、即日融資してくれるのか不安に感じている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

即日融資してくれるカードローンって本当にあるの?

お金を借りるときって、審査があったり、書類を記入したり、色々手間や時間がかかりそうだけど、本当に即日融資を受けられるカードローンってあるのでしょうか。結論からいうと、即日融資を受けられるカードローンはあります。早ければ30分で審査、1~3時間ほどで借り入れまで進めるところもあるのです。それでは即日融資を受けるにはどのような手順が必要なのか見ていきましょう。

事前に準備をしておくことでより早い融資が可能に!

お金の受け取り方法も即日融資ができるかどうかに関係している?

カードローンの融資には、「ATMで借りる方法」と「銀行口座に振り込んでもらう方法」の、2通りの方法があります。
まずATMでお金を借りる場合の特徴としては、郵送か契約機でカードを受け取る必要があります。郵送でカードを受け取る場合はその日に届くことはないので、実質即日融資を受けることはできません。ただ、契約機を利用する場合は、土日祝日など平日以外でも営業しているので、基本的にどの日でも融資が受けられます。また、遅くまで営業している契約機が多いので、提携しているコンビニのATMから遅い時間でも借り入れできるのが特徴です。
次に自分の銀行口座に振り込んでもらう場合の特徴ですが、WEB上ですべての手続きを完了させることができるので、ATMや契約機まで出向かなくても融資を受けられます。ただ、振り込みが反映されるのは銀行の営業時間内ということになるので、土日祝日や平日の15時以降になるとその日に融資を受けることはできません。
このように、それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分に合った方法で融資を受けるといいでしょう。

申し込みの流れをつかんで、スムーズに手続きを進めよう!

お金を受け取る方法を確認したら、次は具体的な流れを見ていきましょう。まず、最初はどのカードローン会社で融資を受けるかを決めます。カードローン会社には様々な種類と特徴があります。その特徴を調べたうえで、自分にはどこのカードローン会社が合っているかチェックしましょう。その際、金利、無人契約機が近くにあるか、土日祝や夜間でも借り入れができるかなどを、チェックのポイントにするとよいかと思います。
次に必要書類を確認します。基本的には健康保険証や運転免許証などの本人確認書類があれば大丈夫です。ただ、カードローン会社によってその他の書類の提出を求められることもあるので、事前にチェックしておきましょう。
ここまで事前準備を進めたら、いよいよ申し込みです。申し込みはスマホやパソコンなどWEB環境があれば、店舗に出向かなくても完結できます。誰にも出会わず、外出先などでも申し込みができるのでおすすめです。必要事項を入力し申し込みを完了させたら、審査の結果が出るので待ちましょう。審査結果が出るまでの時間は、カードローン会社によって様々ですが、早いところだと30分で結果がわかることもあります。
審査に通過できたら、次は契約手続きへ進みます。契約手続きの方法は「ネットで手続きを行なう場合」と「無人契約機で行なう場合」の2つの方法があります。
ネットで契約手続きを行う場合は、カードレスで利用できる方法か、後日ローンカードが郵送されてくる方法を選択できます。郵送を選ぶとカードが手元に来るのが後日になるので即日融資はできません。即日融資が必要な場合はカードレスで指定された口座への振り込みしてもらう方法を選択しましょう。その場合、申込時や申込後に振込みをしてもらいたい口座番号等の情報を登録しないといけないので、事前に通帳やキャッシュカードを用意しておくことをおすすめします。
無人契約機で行なう場合は、審査通過後、運転免許証等の必要書類を持って無人契約機へ行きます書類を提出後の手続きの時間は、早ければ30分程度で完了します。完了するとその場でカードが手渡され、即日利用ができるというわけです。
ここまでの手続きを終えると、いよいよ借り入れができます。振込みキャッシングを選択した場合、契約時間内に手続きが完了していれば、数分から1時間前後で指定した口座に入金されます。入金が確認できれば、キャッシュカードを使ってATMから引き出すことができ、借り入れ完了となります。
無人契約機でカードを受け取った場合は、無人契約機が設置されている建物内に併設されているATMを利用すると、その場ですぐ借り入れすることができます。またコンビニATMを使って借り入れできるものがほとんどですので、いつでもどこでも借り入れが簡単にできるのです。
さて、申し込みの流れについて説明しましたが、実際申し込み可能な時間は何時がベストなのでしょうか。申し込みの時間によっては、即日融資を受けられない可能性もありますので、確認して申し込みを行いましょう。大手4社のカードローン会社の申し込み受付時間を例に挙げてみますので参考にしてみてください。
アコムはカードでの即日融資の場合、22:00までに契約手続きとカード発行を済ませる必要があります。振込キャッシングでの即日融資の場合、14:30までに契約・振込手続き(ゆうちょ銀行は14:00まで、楽天銀行の場合は21:00まで)を済ませなければなりません。
プロミスはカードでの即日融資の場合、14:50までに契約・振込手続き(三井住友銀行・ジャパンネット銀行なら22:00まで)を済ませなければなりません。
アイフルはカードでの即日融資の場合、21:00までに契約手続きを開始させる必要があります。振込キャッシングでの即日融資の場合、13:00までに契約・振込手続き(を済ませなければなりません。
SMBCモビットはカードでの即日融資の場合、21:00までに契約手続きとカード発行を完了させる必要があります。振込キャッシングでの即日融資の場合、14:50までに契約・振込手続き(ゆうちょ銀行は14:00まで、楽天銀行の場合は21:00まで)・カード発行を済ませなければなりません。

申し込みに必要な書類って何を用意すればいいの?

事前に必要書類を確認し用意しておくと、手続きがスムーズに進み、より早く融資を受けることができます。まず即日融資を受けたい場合は、運転免許証や健康保険証など本人確認できるものが必要です。もし運転免許証などない場合は、パスポート・個人番号カード・在留カード・特別永住者証明書・住民基本台帳カードを準備しましょう。ただ、カードローン会社によって必要な書類が異なる場合があるので、手続きを進める前に確認しておいたほうが良いです。また、借り入れ額が50万円を超える場合や、他社借り入れを合わせた利用額が100万円を超える場合は、源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書類も必要になる可能性があります。さらに、個人事業主やパート・アルバイトは、条件に当てはまらなくても提出を求められる場合があるので、念のため確認して用意することをおすすめします。

知っておきたいカードローンのメリットとデメリット

即日融資が可能なカードローン。たった30分の審査で借り入れができるけど、本当にメリットだけなのだろうかと不安になる人もいるかもしれません。便利に利用できる分、やはりメリットとデメリットはあります。そこで次はカードローンのメリットとデメリットについて書いてみたいと思います。
まず、カードローンの最大のメリットは、借り入れしたお金を用途にしばられることなく自由に使えることです。例えば住宅ローンや自動車ローンの場合は、家を購入するときや車を購入するとき、という風に使用用途が限られています。カードローンの場合はそのようなしばりがなく、何に使うかは本人の自由ということになります。
次のメリットは、保証人や担保なしで借り入れができることです。個人の借り入れ能力を審査され、それに基づき融資を受けるため、保証人や担保なしでその日に借りることができるのです。
他には、身近にあるコンビニのATMを使用し、お金を借りたり返したりすることもメリットのひとつです。買い物ついでに立ち寄ることができたり、出先で急にお金が必要になったりしたときも、気軽に使えるので便利です。
最後は、申し込みが非常にシンプルで時間もかからないということです。WEBから申し込んだ場合は、15~20分程度で手続きを済ませることができるため、時間をかけずに借り入れできるのも大きなメリットです。
次にデメリットですが、まずひとつはコンビニのATMから簡単にお金を借りることができるので、借り入れをしているという感覚が乏しくなってしまうことです。自分の口座からお金を出している感覚になり、その結果借金に苦しむことになるというケースもあります。お金を借りているという自覚を失わないように気をつけなければなりません。
他には、カードローンは金利が高いという点です。借りてすぐ返すという場合には便利ですが、長期的に借りるとなると金利がかさみます。長期的に借りたい場合は専用ローンを利用し、少しでも金利を抑える方法をおすすめします。
また、カードローンはいつでもお金を借りることがでます。そのため借りていない期間でもカードを保有しているだけで、借金している状態と同じと判断されてしまう可能性があるのです。数十万円程度であれば問題ないものの、百万円単位の限度額があるカードローンを保有していると、借入はしていなくても住宅ローンなど専用ローンの審査に影響する可能性があることを頭に入れておきましょう。

銀行カードローンのメリットとデメリットって?

カードローンのメリットやデメリットを説明しましたが、カードローンの種類によってもそれぞれにメリットやデメリットがあります。次はカードローンの種類別に詳しくメリットやデメリットをみてみましょう。
まず、銀行カードローンのメリットから紹介します。銀行カードローンの最大のメリットは、低金利で利息が少ないこと。利息が少ないので長期的に借り入れしたい人におすすめのカードローンです。消費者金融カードローンと比べると数%しか金利が違わなのですが、長い目で見ると何万円もの差がつくこともあります。返済まで1年以上かかるという場合は、銀行カードローンを利用したほうがお得になります。ただ借入期間が短い場合は、無利息サービスなどがある消費者金融カードローンを使った方が、お得になるケースもあります。また、長期的だけではなく借入する金額が大きければ大きいだけお得ということにもなります。少しお金が足りなくなってカードローンを利用するという場合はあまり関係ありませんが、急に大金が必要になったという方は、銀行のカードローンがおすすめです。
その他のメリットは、銀行カードローンは総量規制の対象になりません。総量規制というのは、「年収の3分の1以上のお金を借りることは出来ない」というルールです。このルールは消費者金融向けなので、銀行には関係ないのです。そのため、本人に収入のない専業主婦や年収の3分の1以上のお金を借りたい人は、このような状況であっても借り入れができません。これは、銀行カードローンならではのメリットではないでしょうか。
では次に、銀行カードローンのデメリットを紹介します。カードローンの種類によっては無利息で借りられるサービスを行っているところもあります。カードローンを利用する方は、数万円~10万円程度の借り入れをする場合が多いので、無利息サービスを使ってお得にお金を借りることが出来ます。その点、銀行カードローンは無利息サービスを行っていないので、ひとつのデメリットといえます。
他には、銀行カードローンは消費者金融カードローンに比べ、不便なことが多いということです。即日振込の場合、特定の銀行口座を持っている必要があることが多く、持っていない場合は自動契約機まで行かないといけません。また、審査の時間についても最短30分などという形で、1時間もしないうちに審査が終わるというものも増えてきましたが、銀行カードローンの審査は消費者金融が代行しているケースがほとんどです。銀行とやりとりをする分消費者金融より時間がかかってしまうことになります。
以上のようなメリットやデメリットを踏まえたうえで、銀行カードローンが向いているのは、「多額のお金を借りたい」「長期的にお金を借りたい」「自分の収入がない」という人です。特に、自分の収入がない場合は、総量規制が関係ない銀行カードローンでしか借りることはできないので、この選択肢しかないことになります。

消費者金融カードローンのメリットとデメリットって?

消費者金融カードローンのメリットとデメリットは、先ほど説明した銀行カードローンの裏返しということになります。最大のメリットは無利息サービスがあること。消費者金融カードローンには、無利息期間が約30日間設けられている場合が多いのです。基本的には、「初めての利用に限り契約日から30日間利息無料」というサービス内容なのですが、このサービスをうまく利用することで、とてもお得に借り入れができます。すぐに返済できる少額のお金を借りたい人は、銀行カードローンよりも消費者金融カードローンの利用がおすすめです。
その他に、消費者金融カードローンは審査スピードが速いことも特徴です。そのため銀行カードローンより即日で融資を受けられる可能性が高くなります。さらに、消費者金融カードローンは、振込先の口座の制限が少ないので、自動契約機に出向かず振込みで即日融資を受けることができます。
また、無利息サービスや即日融資がしやすいだけではなく、返済を忘れないための仕組みやアプリなど、便利なサービスが充実していることもメリットです。
次にデメリットについてですが、消費者金融カードローンの上限金利は、基本的に18.0%となっていて銀行カードローンよりも3~4%高く設定されています。1年以上カードローンを利用する場合は、大きな差となってきます。金利が高いため借り入れ金額が大きいと、どうしても支払う利息が多くなり損することになるので、多額を借りたい人には向いていません。
他には、消費者金融カードローンは総量規制の対象となります。そのため年収の3分の1以上のお金を借りることはできないということになります。年収の3分の1以上のお金を借りたい場合は、銀行のカードローンがおすすめです。
以上のようなメリットやデメリットを踏まえたうえで、消費者金融カードローンが向いているのは、「今すぐにお金が必要」「10万円~20万円以下の借入をしたい」「パートやアルバイトだけどお金を借りたい」という人です。

おすすめのカードローン4選!

それでは実際カードローン会社には、それぞれどんな特徴があるのでしょうか。おすすめのカードローン会社を4社紹介しますので、自分にぴったりな条件のカードローンを見つけてみてください。

申し込みから借り入れまで最短1時間の「プロミス」

SMBCコンシューマーファイナンスが運営しているプロミス。消費者金融の中では大手で、テレビCMで見かけることも多いかと思います。一般的なカードローンの他に、ビジネス用の自営者ローンなども手掛けています。
プロミス独自の取り組みとして、24時間いつでも一瞬で振込が完了するというサービスがあります。振り込みができる銀行は三井住友銀行とジャパンネットと限られてはいますが、便利で人気のサービスです。
また、初回利用の場合は、契約後から30日間無利息で借り入れをすることができます(初めての利用と、メールアドレスの登録、Web明細利用が必須条件)。
この取り組みは、消費者金融からお金を借りるという言葉を聞くと、抵抗がある人もいるかもしれません。そんな人に、もっと気軽に利用してもらおうというのが、このサービスの意図です。他にも何社か無利息サービスを行っているところはありますが、まだ、業界全体に浸透していないため、貴重なサービスといえるでしょう。金利を取らないということは会社にとってはリスクしかないため、間口を広げるための取り組みとなります。
他の特徴として、三井住友銀行とプロミスのATMは手数料無料で使用可能です。銀行系の消費者金融の強みは、何といっても利用できるATMの台数の多さではないでしょうか。手数料無料に加え、ATM利用で時間や場所を問わず使用できるのは利用者としては嬉しいポイントでしょう。
プロミスは機能面の充実に加え、コールセンターの対応の良さも人気を後押ししています。例えば、お金を借りたけど返済が間に合わないなどの場面も出てくるかもしれません。プロミスでは返済が遅くなってしまった場合でも、分割での返済や、期日の変更など相談に応じてくれます。遅延損害金が発生してしまうこともありますが、気軽に相談することで最小限に食い止めることもできるかと思います。
さらに、女性でも気軽に安心して利用できるように、レディースローンも用意されています。内容は一般のローンと変わりませんが、コールセンターの対応が全て女性となります。
男性が出ることがないので、女性が気軽にコールセンターに連絡しやすくなっています。

1秒でお試し審査ができる「アイフル」

アイフルは、一般消費者向けに無担保の融資を行う大手の国内消費者金融会社です。
消費者金融がサラ金と呼ばれ時代もあり、あまり良いイメージがなかった業界ですが、テレビCMを上手く活用することでその悪いイメージを払拭することに成功しました。
主な事業として個人向けの無担保融資を行なっていますが、クレジットカード会社や不動産担保ローンなどの会社を子会社に持ち、様々な方面で事業を展開しています。
アイフルの特徴の一つが、スピーディな審査です。最近では多くの金融機関が迅速な審査に力を入れているのですが、それをスコアリングシステムで実現しています。借り入れができるかどうかの審査についても30分程度で完了しますから、スピードは業界最高水準を誇っています。またアイフル独自の取り組みとして、事前のお試し審査を行っています。「年齢」「雇用形態」「年収」「他社借入金額」といった4つの項目を入力すると、1秒で結果がわかるようにもなっています。もちろん簡易審査なので実際の審査結果とは異なる場合もありますが、審査に受かるかどうか事前に調べてみたい人には嬉しいサービスです。
また、アイフルでは申込みから借入れまでを、すべてネットで完結することができます。
本人確認書類の提出などはメールや公式サイトの書類提出サービスを利用して行うことができ、借入れも指定の口座へ振り込みをしてくれます。また、カードの受取りも指定した時間に届けてくれるので、外へ出向くことなく借り入れができます。他の金融機関でも、カードを自宅へ郵送してくれるサービスは行なっているのですが、契約をしてから3日後以上かかることもあります。しかし、アイフルでは15時までに手続きが完了していれば、即日融資をしてくれます。今すぐにでもカードを受け取りたいという人は、その場でカードを発行してくれる無人契約電話BOX「てまいらず」を利用すれば、すぐにカードを受け取ることもできます。

初めてのカードローンでも安心して利用できる「アコム」

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の消費者金融です。大手金融機関や大手銀行と業務提携などを行っており、抜群の安定感を誇ります。店舗を持たない来店不要型の事業展開をしているので、インターネットやコンビニのATMなどで、いつでもどこでも利用することができます。この方法は忙しい人や借り入れを周囲に知られたくない人などから、絶大な支持を集めています。テレビや広告に有名タレントを起用して積極的に広報を行っているため、知名度や信頼感も業界トップクラスとなっています。
アコムの最大の魅力は、スピーディな融資です。審査が最短30分で完了するだけではなく、手続きをしてから実際にお金が振り込まれるまで、最短1分で行われます。
また、アコムを初めて利用する人は、30日間は無利息で融資を受けることができます。期間限定のキャンペーンなどでこのようなサービスを行っているのではなく、アコムは正式なサービスとして設定しています。近々収入があってすぐに返済可能な人にとっては、いつでも30日間無利息が設定されているので非常に便利です。
さらに、日本全国に自動契約機があるのもアコムの魅力です。急な借り入れが必要になった場合、近くに自動契約機があればすぐにカードを受け取ることができます。その後ATMなどでお金を受け取ることができるので、自動契約機が多いのも大きなメリットです。ネットなどで申し込みをすると自宅へカードが郵送され、家族に知られてしまわないか不安もありかと思います。こういった場合に自動契約機があれば誰にも知られずカードを受け取ることができるので、この点も魅力です。
他にも業界大手ならではのサービスが、公式サイトなどで多数用意されています。申し込み前にインターネット上で年齢や収入など必要事項を入力することで、借り入れが可能かどうかを診断してくれるコーナーがあります。また、サイト上には融資や返済の方法などを動画で分かりやすく説明した「アコムナビ」というコーナーがあり、初めて利用する人も安心して申し込みできるかと思います。さらに、借り入れ額を入力して月々の返済シミュレーションを自動でしてくれるサービスもあるので、返済の見通しも立てられます。初めてカードローンを利用する人でも、安心して借り入れができるよう様々な工夫をしているのがアコムの特徴です。

利用者へきめ細かな配慮で対応してくれる「SMBCモビット」

SMBCモビットは、SMBCグループ傘下の消費者金融です。グループ内には他にも大手の消費者金融が属していることもあり、消費者金融業界では非常に広いシェアを誇っています。SMBCモビットは銀行グループ傘下の消費者金融ではあるものの、実態は歴とした消費者金融です。そのため総量規制の対象となり、年収に対する借入制限があります。金利についても最高融資上限金額は800万円と業界屈指の水準設定のため、その分金利を低くすることができるのです。
SMBCモビットで借り入れする際の最大の特徴は、電話連絡なしで契約することができるという点です他の消費者金融では、本人確認および在籍確認のために電話による連絡を行っています。しかし、SMBCモビットのカードローン契約時に「WEB完結」という方法を利用すると、電話連絡を免除することができます。
カードローンを利用する人の中には、「消費者金融を利用していることを周囲に知られたくない」と思っている人も多いのではないでしょうか。カードローン会社を名乗らないというものの、電話や郵便物など不安になることもあるでしょう。その点、WEB完結であれば電話連絡が不要なので安心して利用できるのです。また、WEB完結で契約した場合には郵便物もなくなるので、契約書や利用明細などから周囲に知られてしまうリスクをなくすることもできます。書類に関してはネット上で管理され、マイページからいつでも確認することもできます。
このように、SMBCモビットは消費者金融にお金を借りることに抵抗を持っている人や、周囲の人に知られてしまうのではないかという不安を持っている人が、安心して利用できる状況を作っているのが大きな特徴です。また、大手銀行グループに属しているということによる安心感もあり、利用者に配慮された環境が整っています。

まとめ

今回は即日融資が可能なカードローンについて紹介しました。消費者金融からお金を借りるということに抵抗を感じている人も多いかもしれませんが、カードローンは非常にシンプルな手続きでスピーディにお金を借りることができます。また周囲に知られてしまうという不安にも、最大限配慮してくれます。近々お金が入る予定はあるけど、今足りない分を借りたいという人や、少しの金額を短期間借りたいという人は検討してみてはいかがでしょうか。ただ、気軽に借りることができるので、お金を借りているという感覚が薄れてしまう可能性もあります。カードローンを利用する場合は、節度を守って、自分の生活を苦しいものにしないよう気をつけて利用しましょう。